金属スクラップ買取

C-204_03.jpg

鉄スクラップは、ビル、橋梁などの建築物解体時に出る鉄骨や、船舶、廃棄自動車、家電製品さらには空缶、スチール家具などの鉄製品を処理するときに発生します。また、新しい自動車や家電製品などの鉄製品を製造する工場からも発生します。スクラップ加工を専門に行う業者がこれらを回収した後に、不純物を取り除き、加工処理を施して適当なサイズに切断し、プレス圧縮することで初めて資源として使用できる「鉄スクラップ」になります。形状としては、そのままの姿で鉄鋼メーカーに持ち込む場合(新断バラ)と、運びやすくするためにプレス機で圧縮してから持ち込む場合(新断プレス)があります。
 

買取品目

C-204_07.jpg

釘やネジ、車の外装、自転車のフレーム(アルミニウムやチタンのものもある)、 飲料缶(アルミニウムの缶もある)、パソコンの筐体(ケース)等、様々なところに使われています。

 

C-204_10.jpg

 

 

C-204_12.jpg
■銅 ■電気配線 ■砲金 ■真鍮 ■アルミニウム(アルミ缶、アルミホイール) ■ステンレス(SUS304,SUS316)
※一般的な金属スクラップ屋さんが扱う・買取項目は、ほぼ全部網羅しています。
 
C-204_15.jpg
 
 
C-204_17.jpg
工業系雑品・家電系雑品も買取いたします。
 
C-204_20.jpg