リサイクル家電回収

B-203_03.jpg
「家電リサイクル法」(正式名称は特定家庭用機器再商品化法)により、買い替えや引越しなどで不要になった家電製品が家電リサイクル法の対象になったときは適切な方法で処分しなければならない。とされています。
 
家電リサイクル法の対象製品を処分する際、ほとんどの場合で消費者が自力で持ち込みをしなければならい現状です。そして、リサイクル券を郵便局等の指定金融機関で支払いをしなければならず、貴重なお時間とコストがかかってしまう事情があります。
また、持ち込んだ販売店等から、さらに収集運搬業者に運搬を委託するので中間コストも発生してしまいます。
弊社では中間業者経由しないため、中間コストが発生せず低価格で、リサイクル法に基づき適正な処分をいたします。
 
B-203_07.jpg
 
家電リサイクル法 対象品
冷蔵庫・冷凍庫 / 洗濯機 ・衣類乾燥機/ エアコン / テレビ・ワイドテレビ・プラズマテレビ・液晶テレビ(TFT)
 
家電リサイクル法 対象外
IHクッキングヒーター / ホームベーカリー  / ワインセラー /  布団乾燥機 / 掃除機 / 扇風機・空気清浄機 / 除湿機・加湿器 / 暖房器具 / 電話・ ファックス / 調理用家電 / 生ゴミ処理機 / 整水機・浄水機 / マッサージ器 / 理美容製品 / アイロン・ズボンプレッサー / ミシン / 電子辞書・電子手帳 / 携帯情報端末(PDA) / ライト・照明/ リアプロジェクションテレビ / ビデオカメラ / ビデオ / ビデオデッキ / LDプレーヤー / DVDレコーダー / HDDレコーダー / ブルーレイディスクレコーダー / DVDプレーヤー / ホームシアター / プロジェクター / デジタルカメラ / 一眼レフカメラ /APSカメラ / コンパクトカメラ / レンズ / カメラ周辺機器 / 望遠鏡・双眼鏡 / ビンテージ・クラシカルカメラ / ダイソン / irobot など